伝える力を育む研修の感想・第三回

今回ご紹介させていただくのは、とある企業様で実施した研修でいただいた感想です。

この時の研修は、7回のシリーズになっており、その中の3回目の感想となっております。

 

その3回目のテーマは、

「バラバラになっている文章のネタの要素を、まとめなおすことで、より伝わる文章の元を作り出す」

というものでした。

 

つまり、第2回でブレインストーミングのスキルを磨いていただきましたので、あるテーマに沿って、いろいろなアイデアを出せるようになっているわけです。

 

ところがそこで問題が発生します。

 

いままでよりもアイデアが出てしまうため、まとめるのが難しくなってしまいます。

 

つまり、いままでのスキルではまとめきれないということになってしまいます。

 

それではいけません。

 

・・・というわけで、まとめるためにそのスキルを伝授させていただきました。

ただし、その「まとめかた」は普通のまとめ方ではありません。

 

「常識にとらわれないまとめ方」です。

どのようにするかは、割愛させていただきますが、説明は割とシンプルなのですが、これがやってみると非常に難しい。

 

なぜなら、「すぐに常識にとらわれてまとめてしまう」からなんです。

 

その「常識の枠」をはずすべく、みなさんには、今回は、悪戦苦闘していただきました!

別のところで、この研修をやった際には、みなさん「悶絶」という言葉を連呼しておりました!

シンプルで難しい。そんなスキルを実践して体感していただきました。

 

・・・その結果の感想、ご覧下さいませ!!

 

 

以上、みなさま、ありがとうございました!

 

やはり、悶絶(という言葉はでてきませんでしたが)されておりましたね!!

でも、このプロセスを体感することで、確実に一皮剥けた表現ができるようになってくるので、ぜひ、このやり方を繰り返し実践して、少しずつ身につけていただけたらと思います!

 

そして、4回目の感想もアップさせていただきましたので、こちらでご覧ください!

伝える力を育む研修の感想・第三回” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です