ZOOMの脆弱性、解決されたのでしょうか?

コロナウイルスの影響により、半強制的に在宅ワークをする方が増えており、その際に使うツールとして、ZOOMを使う方が劇的に増えました!

・・・が、その反動という感じで、あちこちからZOOMの脆弱性を指摘する声が上がり始めました。

完璧なツールなんて、この世の中に存在しない・・・と思っているので、当然の流れだなぁ・・・なんて思っていたのですが、グーグルの社員に対して使用禁止にするとか、台湾では使用禁止になったとか・・・結構、社会問題になりつつあったようです。

 

しかし、そんな問題も、4月8日のアップデートで、ほぼ問題は解決したようです。

NECの関連会社のホームページにも、このように書かれておりました。

 

・・・ソースはこちらのページです。(下の方にかなりスクロールしていくと、この文言が出てきます。)

これから使う際の注意点なども書かれているので、参照されるといいと思います!

 

ちなみに、グーグルの問題とかは、このアップデートの前に起こったことですので、現在はどうなっているのかは定かではありません。

ただ、ZOOMを今日も明日も使おうとしている私たちにとっては、このアップデートは朗報です!

 

一気にユーザーが増えたZOOMとしては、ここを乗り切らないと、一気にユーザーを失うことになり、最悪、倒産なんてことになりかねないということは、絶対に理解しているはずなので、ものすごい勢いで、脆弱な部分を改善しているでしょうし、これからも改善し続けるはずです!(と信じております。)

なので、私としては、今のZOOMには、大きな問題は無いと理解しております。

 

・・・で、ここまで書いてきて、気になるのは、自分で使っているZOOMのバージョンです。

どこで確認できるかというと、まず、ZOOMを開いた状態で、一番上のバーのZOOM.USという部分をクリックします。

・・・で、現れたメニューの一番上、「Zoomについて」をクリック!

 

すると、こんな画面が出てきます!

この画面の真ん中にバージョンが書いてあります。

拡大すると・・・

   

・・・というわけで、私のパソコンのZOOMは、4月8日にアップデートされた最新版でした!!

皆さんも、念のため、確認しておきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です